1日の流れ

mominoki31.jpg
※1歳半位までのお子さんについては、一人ひとりのリズム(ミルク、離乳食、睡眠)に合わせています。
※2歳のお子さんについては、おやつ、昼食、午後のリズムに配慮して保育しています。

食育

給食
保育園給食では、食の安全を第一に考え、国産の食材を使用しています。
また、地産地消に取り組み野菜は地元の農家から直接仕入れ、新鮮な野菜を提供しています
毎日手作りの昼食とおやつは、季節感と旬を大切にした目でも舌でも楽しめる内容になっています。
子どもたちに豊富な食体験をさせたいというコンセプトのもと献立を作成しています。
家庭と密な連絡をとり合い、離乳食、アレルギー食に個別で対応し、代替食もできる限り提供しています。
誕生会では、毎月違ったテーマを決め、お楽しみ給食と手作りケーキでお祝いしています。


食育
幼児期の食生活は、子どもの体と心の成長に大きく影響します。
保育園では正しい食習慣を身に付け、さらに食への関心を高めるため月に一度、栄養士が「食と健康」「食と人間関係」「食と文化」をテーマとして、直接食材に触れたり、クイズやペープサートなどを使って、子どもたちにわかりやすく紹介しています。

食に興味を持てるよう厨房は食事室の隣に設置し、栄養士と言葉を交わしたり、においや音など調理の様子を感じたりして、調理が身近なものに感じる様にしています。また3Fテラスでは野菜を栽培し、子どもたちが水やり、雑草抜きをしています。
そして大切に育てた旬の野菜を収穫して給食で食べ、「食べ物の大切さ」を学んでいます。



通年の共通テーマ
特産物の紹介
日本地図を使い、毎月都道府県の1つを取りあげ、特産物を紹介しています。
紹介した特産物は、給食に取り入れ楽しみながら食べています。